2009年07月10日、ウェブリング『まびりんぐっ♪』におきまして、一般ユーザーの指摘により、マビノギ不正ツール及び関連Wikiの登録、及び削除作業を行っていないにも関わらず、一部サイトが削除されていたことが発覚いたしました。また、当サイトにおきましても、一部不適切な文章があり、皆さまを不快にさせました。
 皆さまには大変ご迷惑をお掛けしたこと、深くお詫び申し上げます。今後このようなことがないよう、各サイトの保守・管理を徹底してまいりますので、今後とも『まびりんぼっ♪』をよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
-------- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |
忘れてはならない・・・1年前のあの日を――。
2006-04-26 Wed
――4月25日午前9時18分。
あの日を忘れない――。



(画像元:写真特集 尼崎脱線事故1年)


 107人が犠牲となり、555人もの負傷者を出したJR宝塚線(福知山線)脱線事故から1年を迎えた25日、JR西日本主催の「福知山線列車事故追悼慰霊式」が、兵庫県尼崎市の市総合文化センター(アルカイックホール)で開かれた。92組の遺族577人をはじめ、負傷者や友人ら計約1900人が出席し、1年たっても変わらぬ悲しみとともに犠牲者の冥福を祈った。脱線事故後も不祥事や重大事故が絶えないJR西日本の山崎正夫社長は、再発防止と安全最優先の企業風土づくりを改めて誓った。
 式に先立ち、遺族は亡くなった乗客の人数と同じ106本のろうそくに火をともし、六甲山を模した祭壇に供えた。事故発生時刻の午前9時18分に合わせ、参列者全員が黙祷(もくとう)。北側国土交通相は「事故を風化させず、公共交通事業者の監視・監督を一層強化する」と述べた。事故当時の垣内剛社長(現取締役)の後を継ぎ、2月に就任した山崎社長は「皆様の幸せな人生を私たちが一瞬のうちに奪い、ご家族と別れさせてしまった。本当に申し訳ございませんでした。全社員が心をひとつにして安全第一の取り組みを皆様にお約束いたします」と謝罪と決意を述べた。
 続いて遺族と負傷者の家族3人が慰霊の言葉を述べた。母と叔母を亡くし、自身も重傷を負った兵庫県宝塚市の浅野奈穂さん(33)は「どうして私だけが生かされたのか、今でも悔いている。できれば一緒に死にたかったのが本音です。JR西日本は、命を運んでいるのだと胸に刻んでほしい」と語った。犠牲者の大学や職場の友人らでつくる音楽グループ2団体が追悼演奏した後、参列者はユリやカーネーションの花を手向けた。
 同社は遺族に事前にアンケートするなど要望を聞き取り、慰霊対象は事故電車の高見隆二郎運転士(当時23)を除いた乗客106人のみとした。会場内の取材は代表撮影とし、報道陣は別室のモニターを通じて式の進行を見守った。
             ◇
 一方、事故の被害者を支援する市民団体や弁護士らでつくる「思いをつなぐ連絡会」は、午後6時半から「追悼と安全の夕べ」をアルカイックホールで開いた。

朝日新聞 2006年04月25日11時13分




あと、このページを読むことをオススメします。


被害者の方が運営するウェブサイト --- The Ruins of Rail --- 廃線跡を旅する内のこちら
話題は変わりますが・・・。





明日はっ!


マビノギ イリアだ! キャプター2ーっ!

いよいよ実装ですね~。

とりあえず限定販売のユニコーンは買っておきたいと思います~。

リアルな日常 | トラックバック:0 |
この記事のトラックバック
トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら


| まびりんぼっ♪ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。